白馬国際トレイルラン大会 inov-8菊嶋選手が優勝

uolo

2018.9.11

9月9日(日)長野県白馬村で開催の第8回白馬国際トレイルラン大会ロング54Kで、inov-8アスリートが大活躍。

菊嶋 啓が優勝! 3位に大沢 正和、4位に半田 佑之介、6位に牛田 美樹が入賞しました。

1位:菊嶋 啓  4時間26分28秒、

3位:大沢正和  4時間38分18秒、

4位:半田佑之介 4時間38分30秒、

6位:牛田美樹  4時間58分02秒

inov-8アスリート全員が話題のグラフェンをアウトソールに搭載した「TERRAULTRA G 260」を着用し、雨が降り、足場の悪いレースを快走しました。雨でぬかるみの多い下りでも地面をしっかり捉えるグリップ性の良さが選手の走りをサポートしました。

inov-8アスリートの他にも、2位 川崎 雄哉選手(TRAILTALON 235)、5位 近藤 剛選手(X-TALON 200)がinov-8 シューズを着用されていて、今大会ロングの部上位1位~6位をinov-8シューズが独占しました。

悪天候の中、inov-8ブースにお立ち寄りいただいた選手の皆さま、大会関係者の皆さま、ボランティアの皆さま、お疲れさまでした。

本当にありがとうございました。